Slackとの連携によるチャット打刻(1)基本設定

  • 更新

連携設定を行うことで、Slack上でメッセージを送信し打刻が可能になります。
設定は以下の2ステップで行います。

  1. 管理者、経理・マネージャー等が行う基本設定 ※管理者・経理マネージャーが一度行います。
  2. 従業員が行う個人設定  ※チャット打刻を利用する全ての従業員が個人で行います。

※1の設定を以前に行い従業員の追加だけを行う場合、再度1の設定は必要ございません。チャット打刻を利用する従業員を新たに追加する場合は、2.従業員が行う個人設定のみを行ってください。

 

本ページでは「1. 管理者、経理経理・マネージャー等が行う基本設定についてご説明いたします。

 

 

1. 連携設定

設定(歯車マーク)>外部連携>「連携サービスの設定」をクリックします。

619b1a5a58b6b.jpeg

 

 

Slackの「追加」をクリックします。

619b1a5beec57.png

 

 

Add to Slack」をクリックします。

619b1a5de35ed.png

 

Slackの認証画面が表示されます。
「許可する」をクリックします。

619b1a5f7c7fc.png

 

連携設定が行えない場合

・Slackのフリープランをご利用の場合、インストールできるアプリ数に制限がございます。
詳細は以下をご参照ください。
 
・ワークスペースが無料プランの場合、いくつかのアプリをアンインストールすることで連携が行える可能性がごいざいます。

 

Slackのフリープランをご利用の場合、可能であれば不要なアプリをアンインストールし、再度連携設定をお試しいただきますようお願いいたします。
※Slackの設定に関するご相談はSlackのサポートまでお問い合わせください。

 

 

2. 打刻キーワードの設定

打刻キーワードの設定を行います。

 

※カンマ区切りで複数の打刻キーワードを設定することが可能です。
「引き金となる言葉」を設定すると、メッセージの文中に本項目で設定した言葉や絵文字・記号がある場合のみ打刻されます。
※絵文字の種類によっては設定が行えない場合があります。

 

画面下部の「確認」をクリックし設定を保存します。

___________252_.png

 

「送信」ボタンをクリックします。

___________255_.png

 

 

連携サービスの設定画面にSlackが表示されます。以上で基本設定は完了です。
次にSlack上でキンコン BOTの招待を行います。

619b1a648ce0a.png

 

3. キンコン BOTの招待

Slackの打刻機能を有効にしたいチャンネルで「/invite @kincone」と投稿し、BOTを招待します。

プライベートチャネルでは打刻が行えません。パブリックチャネルをご利用いただきますようお願いいたします。

619b1a66a1c71.jpeg

 

 

キンコンBOTから、「〇〇さんの招待により、#△△△に参加しました。」というメッセージが表示されれば、招待は成功です。
619b1a69a50ce.jpeg

 

次にチャット打刻を利用する全ての従業員が行う「2. 従業員が行う個人設定」を行います。
こちらのヘルプページをご参照ください。
Slackとの連携によるチャット打刻(2)個人設定

 

<その他記載事項>
プライバシーポリシー:こちら
キンコンの料金:税込220円 / 1従業員
トライアル:こちらよりお申し込み
※最低5名様から利用可能
※Slackとの連携設定での追加料金はございません。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています